おかえり!!ロドリゴ!!

5月24日、

アトレティコ・マドリードは2018~2019シーズンに向けた新戦力獲得を発表しました!!今から来シーズンの期待が止りません!!

スポンサーリンク

ロドリゴ・エルナンデス

『アトレティコ・マドリードはビジャレアルCFに所属するロドリゴ・エルナンデスと、7月1日より5年間の契約を締結しました。』

http://en.atleticodemadrid.com/noticias/agreement-with-villarreal-over-the-transfer-of-rodri

2018~2019シーズンに向けた最初の補強は、U19、U21スペイン代表で活躍、更にはA代表にも召集経験のある、才能に溢れたロドリゴ・エルナンデスでした!!

ロドリ(ロドリゴ・エルナンデス)は、ビジャレアル加入前、5シーズンをアトレティコの下部組織で過ごした選手でもあります。マドリード生まれでもあるロドリにとって、今回の移籍は故郷への帰還とも言えるでしょう。

 

中盤に力をもたらす

ロドリの加入は堅守速攻を中心とするアトレティコの中盤に一層の力をもたらしてくれるでしょう。リーガでアトレティコと同じく、堅牢な守備を誇るビジャレアルでの出場経験は大きな後押しだと言えます。

また、ロドリが有する190cmという身体的特徴もアトレティコの中盤には近年に無い要素を加えてくれるでしょう。2017~2018シーズン、アトレティコ所属のフィールドプレイヤーで出場経験がある選手には、身長190cmという高さのある選手が居ませんでした。

ステファン・サビッチ(DF186cm)、ディエゴ・ゴディン(DF185cm)、ホセ・マリア・ヒメネス(DF185cm)、ジエゴ・コスタ(FW188cm)

上記の選手達と比較しても、190cmを誇るロドリが中盤に存在する事は、空中戦、競り合いの場面に於いて好影響をチームに与えるでしょう。

ロドリの特筆すべき点は空中戦の強さだけではありません。最も才能を評価されているのは、ロドリが魅せるポジショニング能力にあります。素晴しいポジショニング能力でリカバリーを行い、セカンドボールを回収します。2017~2018シーズン、リーガで記録した320回のリカバリーはリーグ最多回数でした。また、ビジャレアルCFでもリカバリーから速攻の起点となっていたのもロドリでした。ロドリのパス成功率は昨季、リーガ3位を記録しています。パス能力にも長けた選手である事に疑いはありません。

 

期待が止まらない!!

アトレティコの中盤の戦力層は、ここ数年非常に厚いと言って良いでしょう。ティアゴ・メンデスは現役を引退し指導者の道へ進みましたが、トーマス・パルテイが躍進、主将ガビもEL決勝のパフォーマンスを見ても健在です。コケ、サウール、コレア、ビトーロなど実力者も揃っています。その中で、ロドリが新風吹き込み、現有メンバーと共にチームにアクセントを作り出す事でアトレティコはまだまだ成長を続けるでしょう。今から期待が止まりません!!

 

2017~2018シーズン、ビジャレアルVSレアル・マドリードの1戦、レアルの猛攻に耐え、試合終盤に一撃を決めたはビジャレアル。素晴しいパスセンスでアシストを記録したのがロドリでした!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください